藤田 雅章 FUJITA Masaki

ID:9000256520481

国立長崎中央病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Nagasaki Chuou National Hospital (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Ectopic Calcification with Coxarthrosis Undergoing Hemodialysis.  [in Japanese]

    MOTOKAWA Satoru , FUJITA Masaki , SUMI Mituhiro , INATOMI Kenshirou , SONOHATA Motoki , MAEDA Hiroshi

    47歳女性で1978年より長期透析中の患者で骨盤腔内の異所性石灰化と股関節の急速な破壊が同時期に生じた1例を経験したので報告する. 骨盤腔内の異所性石灰化と股関節は被膜1枚にて隔てられ両者は隣接していた. また人工関節置換術後, 骨盤腔内腫瘤状石灰化は縮小傾向にあることなどより, 急速破壊型変股症と異所性石灰化の発症原因は全く異なるものであるが, その誘因として両者の間に何らかの関与が示唆れた.

    Japanese Journal of National Medical Services 52(1), 40-43, 1998

    J-STAGE 

Page Top