斎藤 俊介 SAITO Shunsuke

ID:9000256522828

国立岩国病院内科|現: 独立行政法人国立病院機構岩国医療センター Department of Internal Medicine, National Iwakuni Hospital (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF HYPERTROPHIC OBSTRUCTIVE CARDIOMYOPATHY TREATED WITH PERCUTANEOUS TRANSLUMINAL SEPTAL MYOCARDIAL ABLATION DUE TO BLOOD TRANSFUSION REFUSAL  [in Japanese]

    SHIRAKI Teruo , KAJIYAMA Akio , TAKAMURA Toshiyuki , SAITO Daiji , ONOUE Go , AKITA Mitsuhiro , SONOYAMA Takayuki , TANIOKA Daisuke , FUJITA Hiraku , SAITO Shunsuke , KUNISHIGE Tomoko , KUBOTA Jyunichi

    閉塞性肥大型心筋症の54歳の女性が当院へ入院した. 本患者は同疾患の家族歴を有し, 近医で11年間β遮断薬により加療中であったが, 1年前より症状の増悪を自覚した. 心臓カテーテル検査による, 左室流出路での圧較差は安静時で140mmHgであった. 房室ペーシングは圧較差軽減には無効で, ベラパミルとジソピラミドの経静脈投与は有効であった. しかし, 外来でのβ遮断薬にこれらの薬物を加えての経口投 …

    Japanese Journal of National Medical Services 58(5), 303-309, 2004

    J-STAGE 

Page Top