児玉 好史 KODAMA Yoshifumi

ID:9000256608396

九州大学第2外科 Second Department of Surgery, Faculty of Medicine, Kyushu University (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • PROGNOSTIC FACTORS OF EARLY GASTRIC CANCER  [in Japanese]

    FURUSAWA Motonosuke , TOMODA Hirotsugu , SEO Yosuke , MATSUKUCHI Tadakuni , MIYAZAKI Motohiko , KODAMA Yoshifumi

    われわれの施設で手術された早期胃癌340例について予後を左右する因子を, それぞれの相対生存率曲線を描いて検討した.<BR>早期胃癌の予後を最も左右する因子は静脈侵襲の所見であり, 静脈侵襲陽性群の生存率は脈管侵襲陰性群のそれよりも術後4年以降には有意差 (P<0.05) をもって低かった.その他の因子は5年生存率にはほとんど影響を与えていなかったが, 術後8年以降になると, 深 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 16(1), 32-39, 1983

    J-STAGE 

Page Top