鶴見 清彦 TSURUMI Kiyohiko

ID:9000256609145

東邦大学第3外科 The 3rd department of Surgery Toho University, School of Medicine (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CLINICAL STUDY OF ENDOSCOPIC SPHINCTEROTOMY-OUR IDEA AND DEVICE FOR EST  [in Japanese]

    SUMIYAMA Yoshinobu , SUZUKI Shigeru , TAKUMA Tetsuo , TSURUMI Kiyohiko

    過去6年間に経験したEST50症例について, 適応の問題や切開不成功例, 排石不成功例, 合併症に関する教室の考え方と工夫について検討した.<BR>成績: 切開成功例は, 50例中49例 (98%) であり切開回数は70回であった.結石除去率は89.6%, 合併症3例 (6%), 死亡率0であった.またESTのカテーテル挿入を容易にするための誘導チューブの使用は有意義なものがあり, ま …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 16(5), 874-878, 1983

    J-STAGE 

Page Top