古賀 政隆 KOGA Masataka

ID:9000256610292

長崎大学第2外科 Second Department of Surgery Nasasaki University School of Medicine (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A STUDY OF CHOLANGIOCARCINOMA COEXISTENT WITH HEPATOLITHIASIS  [in Japanese]

    YAMAMOTO Kensuke , ORIBE Takashi , MOTOSHIMA Koichi , TOMIOKA Tsutomu , CHIBA Kenya , KOGA Masataka , MATSUMOTO Mitsuyuki , TSUCHIYA Ryoichi , ITO Toshiya , HARADA Noboru , YOSHINO Ryozo , TSUNODA Tsukasa , NODA Takatoshi , IZAWA Kunihide , YAMAGUCHI Takashi

    過去13年間に長崎大学第2外科において肝内結石症と肝内胆管癌の合併を10例経験した.これは同期間のすべての肝内結石症の8.6%に相当する頻度であり, 胆嚢結石を有するすべての症例に占める胆嚢癌の合併頻度2.7%よりも高い値であった.肝内結石症と肝内胆管癌の合併は偶然の結果ではなく相互の間に密接な困果関係の存在することが推測された.これら合併例は40歳以後にみられ, 年齢とともに増加傾向を示しとくに …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 17(3), 601-609, 1984

    J-STAGE 

Page Top