児玉 好史 KODAMA Yoshifumi

ID:9000256612569

福岡大学第2外科 Second Department of Surgery, School of Medicine, Fukuoka University (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Pull-through esophagectomy without thoracotomy in the surgical treatment for carcinoma of the thoracic esophagus.  [in Japanese]

    NATSUDA Yasunori , KODAMA Yoshifumi , HIDESHIMA Teru , KAMACHI Hisashi , TAGUCHI Junichi , DOKI Kiyoshi , INUTSUKA Sadamitsu

    食道癌19例に, 非開胸食道抜去術を施行した. 頚部食道癌11例の5年生存率は22.2%であり, 癌腫が頚部に限局すれば本術式は今後も有力な手術法と考えられた. 一方, 胸部食道癌8例では5年生存はなかったが, リンパ節転移が広範でない場合, 多少とも長期生存の可能性が示唆された. そこで, 胸部食道癌に対する本術式の根治性を高めるため, 横隔膜縦切開と吊上げ式開腹鉤の併用による下縦隔リンパ節郭清 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 18(9), 1961-1966, 1985

    J-STAGE 

Page Top