加藤 王千 KATO Kimiyuki

ID:9000256614215

愛知県がんセンター消化器外科 Department of Gastrointestinal Surgery, Aichi Cancer Center Hospital (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Diagnosis and treatment of local recurrence following curative rescection for rectal cancer.  [in Japanese]

    KATO Tomoyuki , NAKAZATO Hiroaki , SAKAMOTO Junichi , YASUI Kenzo , MORIMOTO Takeshi , YAMAMURA Yoshitaka , YASUE Mitsunori , KITO Tsuyoshi , KATO Kimiyuki , MIYAISHI Seiichi

    直腸癌手術後の局所再発112例を対象として, 局所再発の診断と治療について検討した. 局所再発の初徴は全例の72%が2年以内に出現しており, 会陰部の疼痛, 腫瘤触知など会陰局所の症状が68.6%を占めていた. 局所再発全例の50%生存期間は12カ月であるが, 治療例の生存期間中央値は13ヵ月で, 無治療例の7ヵ月よりも長い. 保存的治療法では放射線療法と化学療法の併用例の成績が良く, 有効例の生 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 20(11), 2584-2592, 1987

    J-STAGE 

Page Top