角田 司 TSUNODA Tsukasa

ID:9000256616816

長崎大学第2外科 Second Department of Surgery, School of Medicine, Nagasaki University (1989年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • An analysis of complications after total pelvic exenteration.  [in Japanese]

    LIN Yiqin , TSUCHIYA Ryoichi , FURUKAWA Masato , NAKATA Toshinori , KUSANO Toshiomi , TASHIRO Kazunori , WATABE Seiichirou , ITOSE Kaoru , JOUNO Hidetoshi , TSUNODA Tsukasa

    過去11年8か月間に当科で経験した骨盤内臓全摘術12例の術後合併症について検討した. 性別は男性10例, 女性2例で, 原疾患はS状結腸・直腸癌9例, その他の悪性疾患3例であった. 1期手術7例, 2期手術5例で, 5年生存率は72%であった. 術後合併症では骨盤内膿瘍6例, 尿路感染症7例, イレウス5例などが主なものであった. 術後骨盤内膿瘍形成は, 術前からイレウス状態にあったもの, 術中 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 22(11), 2650-2654, 1989

    J-STAGE 

Page Top