福島 浩平 Fukushima Kohei

ID:9000256619998

東北大学大学院消化管再建医工学分野|東北大学大学院分子病態外科学分野 Laboratory of GI tract reconstruction, Tohoku University Graduate School of Biomedical Engineering|Department of Molecular and Surgical Pathophysiology, Tohoku University Graduate School of Medicine (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-15 of 15

  • The Current Trend of Anorectal Cancer Surveillance in Patients with Crohn's Disease: A Questionnaire Survey of Japanese Specialists  [in Japanese]

    Watanabe Kazuhiro , Naitoh Takeshi , Unno Michiaki , Futami Kitaro , Kurachi Kiyotaka , Mizushima Tsunekazu , Kameyama Hitoshi , Sasaki Iwao , Sugita Akira , Nezu Riichiro , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei

    クローン病は大腸癌の発生リスクが高いことが知られている.本邦では特に痔瘻癌を含む直腸肛門管癌が多く,進行癌で診断されることが多い.今回われわれは厚労省「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班の外科系施設を中心とした18施設を対象に,クローン病の直腸肛門管癌への癌サーベイランスに関するアンケート調査を行った.癌スクリーニングの適応や検査項目については,厚労省班の癌サーベイランスプログラム(案)に概 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 71(7), 283-290, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Perianal Diseases Associated with Ulcerative Colitis —2nd Report: Results of a Questionnaire from the Surgical Group of Intractable Inflammatory Bowel Disease Subsidized by the Ministry of Health, Labour, and Welfare of Japan—  [in Japanese]

    Koyama Fumikazu , Hashimoto Yoshinari , Fukushima Kouhei , Futami Kitaroh , Funayama Yuji , Maeda Kiyoshi , Yoshioka Kazuhiko , Watanabe Toshiaki , Watanabe Masahiko , Fujii Hisao , Nakajima Yoshiyuki , Sugita Akira , Araki Toshimitsu , Ikeuchi Hiroki , Ohge Hiroki , Nakamura Toshio , Nezu Riichiro

    厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班の外科系関連施設と日本大腸肛門病学会肛門科専門医の勤務する病院に潰瘍性大腸炎に合併した肛門病変に関するアンケート調査を行った.研究班外科系施設で2,932例,肛門科施設で2,365例の潰瘍性大腸炎が集計され,肛門病変合併率はそれぞれ8.6%,21.4%であった.病変の内容については,研究班外科系施設では瘻孔・膿瘍が多 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 67(6), 380-389, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Pagetoid Spread with Anal Canal Poorly differentiated Adenocarcinoma: A Case Report  [in Japanese]

    Ikezawa Fumie , Miura Koh , Shibata Chikashi , Ogawa Hitoshi , Ishida Kazuyuki , Ando Toshinori , Oyama Atsushi , Fukushima Kohei , Sasaki Iwao

    症例は53歳男性で,肛門周囲の掻痒感と発疹を主訴に近医を受診し,皮膚生検でPaget病の診断となり当院紹介となった.肛門周囲皮膚および肛門管腫瘍の生検を施行し,肛門管癌のPagetoid spreadの診断にて腹会陰式直腸切断術を施行した.病理組織学的診断では肛門管より印環細胞を伴った低分化腺癌細胞が肛門皮膚上皮下へ進展し,免疫染色検査でCEA(+),CK20(+),CK7(−),GC …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 43(6), 678-684, 2010

    J-STAGE 

  • Clostridium Difficile-associated Refractory Pouchitis: Report of Three Cases  [in Japanese]

    Ogawa Hitoshi , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Miura Koh , Haneda Sho , Hayashi Keiichi , Suzuki Hideyuki , Sasaki Iwao , Takahashi Ken-ichi

    回腸嚢炎は潰瘍性大腸炎に対する大腸全摘・回腸嚢肛門(管)吻合術後に発症する長期合併症であり,多くはciprofloxacinやmetronidazoleなどの抗菌薬内服により軽快する.我々はこれらの治療に抵抗した回腸嚢炎患者の便中に<i>Clostridium Difficile</i> toxin(以下,CD toxin)を検出した3例を経験したので報告する.3例中2例は …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 43(3), 270-276, 2010

    J-STAGE 

  • Nutritional Management After Total Proctocolectomy for Ulcerative Colitis A Randomized Controlled Trial Comparing Early Enteral Nutrition Versus Total Parenteral Nutrition  [in Japanese]

    Takahashi1 Kenichi , Funayama1 Yuji , Fukushima2 Kouhei , Shibata Chikashi , Ogawa2 Hitoshi , Okamoto Tomoko , Inamura Naoko , Tokumura Hiromi , Sasaki Iwao

    近年,消化器術後の早期経腸栄養(以下,EEN)が注目され術後合併症減少などの有用性が報告されている。当施設では2003年より潰瘍性大腸炎(以下,UC)術後のEENを導入し,中心静脈栄養(以下,TPN)を対照とした無作為割付比較試験を行ってきた。本稿ではその成績と問題点を検討し考察した。TPNの忍容性は良好であったがEENは副作用のため完遂率が54%にとどまった。EEN非完遂群ではTPN群とEEN完 …

    Nihon Fukubu Kyukyu Igakkai Zasshi (Journal of Abdominal Emergency Medicine) 28(7), 903-908, 2008

    J-STAGE 

  • Ileal Pouch-Anal Anastomosis with Pediatric Ulcerative Colitis  [in Japanese]

    Haneda Sho , Sasaki Iwao , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Takahashi Ken-ichi , Ogawa Hitoshi , Watanabe Kazuhiro , Kudo Katuyoshi , Kohyama Atushi

    潰瘍性大腸炎 (ulcerative colitis; 以下, UC) では小児期に手術を行うことが少なくないが, 学業への影響, 手術適応, 成長障害など小児特有の問題がある. 当科で1987~2004年の間に小児期 (15歳未満) に初回手術を施行したUC8例について検討した. 手術は全例2期あるいは3期分割で大腸全摘, 回腸肛門吻合 (ileo-anal anastomosis; 以下, I …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 41(12), 2087-2091, 2008

    J-STAGE 

  • Primary Gastrinoma in the Lesser Omentum: A Case Report  [in Japanese]

    Kohyama Atsushi , Moriya Takuya , Shibata Chikashi , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei , Takahashi Ken-ichi , Ueno Tatsuya , Kobayashi Terutada , Kinouchi Makoto , Sasaki Iwao

    ガストリノーマの多くはいわゆる'gastrinoma triangle'に存在し, 異所性ガストリノーマはまれである. 今回, 我々は小網原発と考えられたガストリノーマの症例を経験した. 症例は74歳の女性で, 2度にわたって十二指腸潰瘍穿孔を繰り返し, 幽門側胃切除術を施行された. 術後に血清ガストリンの高値を認め, さらにグルカゴン負荷試験で血清ガストリン値の奇異性上昇を認めたためガストリノー …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 40(9), 1582-1586, 2007

    J-STAGE 

  • A Case Report: Repeat Ileal Pouch-anal Anastomosis in a Patients with Severe Ulcerative Colitis Complicated with Intractable Perianastomotic Abscess  [in Japanese]

    Funayama Yuji , Sasaki Iwao , Nagao Munenori , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Mizoi Takayuki , Takahashi Ken-ichi , Miura Koh , Ogawa Hitoshi , Oyama Atsushi

    回腸肛門吻合術後に難治性吻合部膿瘍を合併したため, 回腸J嚢を再造設し, 回腸肛門再吻合を行った重症潰瘍性大腸炎の1例を経験し, 良好な結果を得たので報告する. 症例は32歳の男性で, 重症潰瘍性大腸炎に対し分割的回腸肛門吻合術を施行したが, ストーマ閉鎖前の回腸.造影にて吻合部周囲に筋筒内膿瘍(cuff abscess)形成が認められた. 難治性のため吻合部の掻爬, 膿瘍ドレナージ, 筋筒部分切 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 40(6), 752-756, 2007

    J-STAGE 

  • Cases of Surgical Treated Anorectal Fistulas Associated with Ulcerative Colitis  [in Japanese]

    Haneda Sho , Sasaki Iwao , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Takahashi Kenichi , Hashimoto Akihiko , Nagao Munenori , Watanabe Kazuhiro , Kudo Katsuyoshi

    潰瘍性大腸炎では種々の合併症が報告されているが, 同じ炎症性腸疾患であるCrohn病と異なり瘻孔を形成することはまれであり, Crohn病との鑑別診断や, 治療上の問題となる. 今回, 我々は直腸肛門周囲に瘻孔を形成し, 外科治療を要した症例を3例経験したので報告する. 3症例はいずれも30~40 歳代の女性で, 病悩期間はそれぞれ約25年, 9年, 12年であった. 病型は症例1, 2が全大腸炎 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 38(9), 1490-1494, 2005

    J-STAGE 

  • A Case Report of Crohn's Disease Complicating with Brain Abscesses and Splenic Abscesses caused by Infection of Central Venous Catheter and Subcutaneal Port  [in Japanese]

    Takahashi Ken-ichi , Sasaki Iwao , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Hashimoto Akihiko , Nagao Munenori , Haneda Sho , Watanabe Kazuhiro , Kudo Katsuyoshi

    症例は40歳の男性で, 栄養吸収障害および難治性の小腸皮膚瘻を有する小腸大腸型Crohn病に対し皮下埋込みポートによる在宅中心静脈栄養 (以下, HPN) を施行中であった. 発熱を自覚したが受診せず, 1週間後に意識障害を来し緊急入院となった. 髄液検査にて細菌性髄膜炎と診断し, 抗菌剤による治療を開始した. 血液培養にてグラム陽性球菌が同定されたためカテーテル敗血症を疑い, 中心静脈カテーテル …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 38(10), 1607-1611, 2005

    J-STAGE 

  • A Case of Crohn's Disease Complicated with Colonic Cancer  [in Japanese]

    Nagao Munenori , Sasaki Iwao , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Takahashi Kenichi , Ogawa Hitoshi , Hashimoto Akihiko , Kinouchi Yoshitaka , Masuda Takayuki

    症例は29歳の男性で, 家族歴に特記事項はない. 平成11年11月に大腸型Crohn病の診断を受け, 以後近医にて経過観察されていた. 平成13年2月に腸閉塞を発症し, IVH管理となっていたが, 下行結腸にCrohn病による著明な狭窄を認め, 全身状態も不良であったため, 同4月に緊急手術にて回腸瘻造設術のみを施行し, 平成13年11月, 大腸亜全摘, 回腸直腸吻合, 回腸瘻閉鎖術を施行した. …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 37(8), 1497-1502, 2004

    J-STAGE 

  • A Case of Right Paraduodenal Hernia Originated in the Intermesocolic Fossa of Broesike  [in Japanese]

    Watanabe Kazuhiro , Sasaki Iwao , Funayama Yuji , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Takahashi Ken-ichi , Ueno Tatsuya , Nagao Munenori , Haneda Sho , Matsuno Seiki

    術前診断が可能であった右傍十二指腸ヘルニアを経験したので報告する. 症例は71 歳の男性で, 突然の右側腹部痛で発症した. 小腸造影にて, 口側, 肛門側での狭窄を伴う, 空腸係蹄の集塊像を右側腹部に認めた. 上腹部CTにて, 右側腹部で被膜に包まれ嚢状塊となった拡張した小腸を認め, 上腸間膜動静脈の腹側を扇状構造の腸間膜が走行していた. 右傍十二指腸ヘルニアの診断にて, 発症から14日後, 開腹 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 37(5), 517-521, 2004

    J-STAGE 

  • A Case of Degos Disease without Macroscopic Gastrointestinal Perforation  [in Japanese]

    Nagao Munenori , Sasaki Iwao , Funayama Yuji , Naito Hiroo , Fukushima Kouhei , Shibata Chikashi , Takahashi Kenichi , Hashimoto Akihiko , Moriya Takuya , Numata Yukikazu

    症例は25歳の女性で, 1999年8月頃より掻痒のない紅色丘疹が出現し, Degos病の診断を受けた. 以後, アスピリン内服のみ行っていたが, 2001年4月初めより腹部不快感が出現し, 近医入院となるも消化管穿孔による汎発性腹膜炎が疑われ当科紹介となり, 緊急手術を施行した. 開腹したところ, 淡血性の膿性腹水を多量に認め, さらに小腸には全長にわたり炎症を強く認めた. 腸管の拡張は著明であっ …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 37(4), 446-451, 2004

    J-STAGE 

  • Recent Advance in Surgical management for Crohn's Disease.  [in Japanese]

    Sasaki Iwao , Funayama Yuji , Naito Hiroo , Fukushima Kouhei , Shiiba Kenichi , Matsuno Seiki

    Crohn病は依然として原因不明の難病である. 本邦では最近の症例数の急増から多彩な合併症が欧米並に経験されるようになり, 外科治療は今日多くの課題を抱えるに至っている. 外科治療の目的は, 本病が全消化管に発生しうる疾患であることから合併症に対し外科的侵襲を加え患者のQOLを改善することにある. 外科治療の適応は, 絶対的適応と相対的適応とに分かれるが, 狭窄による通過障害が最も多い. 手術療法 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 33(1), 107-112, 2000

    J-STAGE 

  • A Completely Resected Case of Intraduodenal Malignant Gastrinoma by Utilizing Selective Arterial Secretin Injection Test and Intra-operative Secretin Test  [in Japanese]

    Shibata Chikashi , Iwatsuki Akihiro , Ohtani Noriya , Furukawa Tooru , Matsumo Seiki , Nomura Taisuke , Unno Michiaki , Okamoto Hiroshi , Sasaki Iwao , Naito Hiroo , Funayama Yuji , Kamiyama Yasuhiko , Takahashi Michinaga , Fukushima Kohei , Segami Hideo , Doi Takashi

    症例は35歳の女性で悪心・嘔吐を主訴とし, 空腹時血漿ガストリン値が高値, セクレチン負荷試験陽性でZollinger-Ellison症候群と診断された.腹腔動脈造影にて膵頭部に腫瘍濃染像を認め, 選択的動脈内セクレチン注入試験により胃十二指腸動脈が栄養動脈と判断された.術中所見として, 膵頭部に3個の腫瘤を認め, うち1個は術前の血管造影時の腫瘍濃染像と一致すると思われた.手術は膵頭十二指腸切除 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 24(9), 2414-2418, 1991

    J-STAGE 

Page Top