間崎 武郎 Mazaki Takerou

ID:9000256629059

日本大学第3外科 3rd Department of Surgery, Nihon University School of Medicine (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Malignant Peritoneal Mesothelioma. Report of 2 Cases.  [in Japanese]

    Kasakura Yuichi , Fujii Masashi , Mochizuki Fumirou , Mazaki Takerou , Iwai Shigetomi , Yamada Tsutomu

    悪性腹膜中皮腫を2例経験した.2例はともにアスベスト暴露歴があり, 1例は肺アスベストーシスと認定されていた. 2例はともに多量の腹水貯留を認め, 腹部膨満と腹痛が主訴であり, 腹水はともに黄緑色で粘調度が高く, 細胞診により中皮腫が強く疑われた. 術前の確定診断は困難とされており, 腹水が貯留する疾患, 特に癌性腹膜炎との鑑別が重要であり腹腔内臓器の精査により除外診断が必要であった. 2例はとも …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 33(1), 70-74, 2000

    J-STAGE 

Page Top