藤本 孟男 FUJIMOTO Takeo

ID:9000256641604

愛知医科大学医学部小児科|小児癌・白血病研究グループ (CCLSG) Department of Pediatrics, Aichi Medical University|A Survey of the Children's Cancer and Leukemia Study Group of Japan (CCLSG) (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Treatment for Children with Standard-Risk Acute Lymphoblastic Leukemia.  [in Japanese]

    WATANABE Arata , KATANO Naoyuki , FUJIMOTO Takeo

    小児癌・白血病治療研究グループ (CCLSG) では小児急性リンパ性白血病 (ALL) を初診時の年齢と末梢血白血球数により同じ枠組みで層別した治療研究が進められておりstandard-risk群の治療成績は着実に向上している.Standard-risk群を対象としたプロトコール811Aの無病生存率は65.4% (観察期間14年) で維持療法におけるMTXと6MPの中等量・間歇投与法の有効性が示さ …

    The Japanese Journal of Pediatric Hematology 10(6), 420-425, 1996

    J-STAGE 

Page Top