伊藤 保彦 ITOH Yasuhiko

ID:9000256643585

日本医科大学付属病院小児科 Department of Pediatrics, Nippon Medical School (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • An Infant Girl Presenting with Autoimmune Hemolytic Anemia and IgA Deficiency Followed by Common Variable Immunodeficiency and Pancytopenia:9 Years Follow-up

    YAMAMOTO Masao , FUKUNAGA Yoshitaka , JINNO Naoaki , TAKEHANA Junko , ASANO Takeshi , ITOH Yasuhiko , UEDA Yutaka

    患児は, 生後5カ月時に貧血と黄疸にて入院した.臨床症状と検査成績によりIgA欠損を伴った自己免疫性溶血性貧血 (AIHA) と診断した.洗浄赤血球輸血とステロイド療法を行い, 治療3週後より貧血の改善が認められたが, 直接クームステストは陽性であった.退院後1歳と1歳5ヵ月時には短期ステロイド療法により改善した網状赤血球増多と貧血を認めた.その後はAIHA再燃のエピソードは現在まで認めていない. …

    The Japanese Journal of Pediatric Hematology 2(1), 84-89, 1988

    J-STAGE 

Page Top