伊藤 公一 ITO KOUICHI

ID:9000256770289

日本化薬株式会社医薬事業部安全性研究所 (1980年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Toxicity test of bleomycin oil suspension:Chronic toxicity in Beagle dogs  [in Japanese]

    ITO KOICHI , TSUBOSAKI MASATOSHI , MATSUDA AKIRA , KONOHA NORIYASU , YAMASHITA TAKUMI , HANDA JUN , MORI MICHIHIRO , EZURA HIKARU , KUMAGAI MUTSUMI , SUZUKI ATSUKO , NAKABAYASHI YAYOI , IRIE YUKIO , MIYAMOTO KOHKICHI

    油性ブレオマイシン (以下油性肌Mと略す) は, 主として扁平上皮癌の治療に用いられているブレオマイシンをゴマ油中に分散懸濁し, 局注での局所組織内滞留性および筋注での血中濃度, リンパ管内濃度の持続性の可能性などを考慮してつくられた新製剤である。<BR>宮本ら1) は, すでに雄性ビーグル犬の亜急性毒性について報告した。今回, 著者らは油性BLMを雄性ビーグル犬に180回連続筋肉内投 …

    The Japanese Journal of Antibiotics 33(1), 29-72, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • TOXICOLOGICAL STUDIES ON PEPLEOMYCIN SULFATE (NK 631). VI:CHRONIC TOXICITY OF PEPLEOMYCIN IN DOGS  [in Japanese]

    ITO KOHICHI , MIYAMOTO KOHKICHI , YAMASHITA TAKUMI , TSUBOSAKI MASATOSHI , MATSUDA AKIRA , KONOHA NORIYASU , HANDA JUN , IRIE YUKIO , EZURA HIKARU , KUMAGAI MUTSUMI , IRIE YAYOI , SUZUKI ATSUKO , HAGIWARA TAKAO , YAMANE HIROYUKI

    硫酸ペプレオマイシン (以下NK631と略す) は, 扁平上皮癌・ホジキン病等に著効を示す抗腫瘍性抗生物質ブレオマイシン (以下BLMと略す) の誘導体で, マウス・エー・リッヒ固型癌その他の実験動物腫瘍に対して, BLMに比較して優れた治療係数を示し, また, マウスにおける肺の線維化がBLMにくらべて弱く, かつ組織分布性に特徴をもち, その臨床有効性が期待されている。<BR>今回 …

    The Japanese Journal of Antibiotics 32(3), 387-450, 1979

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • TOXICOLOGICAL STUDIES ON PEPLEOMYCIN SULFATE (NK 631) IV.:CHRONIC TOXICITY OF PEPLEOMYCIN SULFATE IN RATS  [in Japanese]

    TSUBOSAKI MASATOSHI , MIYAMOTO KOHKICHI , MATSUDA AKIRA , KONOHA NORIYASU , IRIE YUKIO , ITO KOHICHI , HANDA JUN , EZURA HIKARU , KUMAGAI MUTSUMI , IRIE YAYOI , SUZUKI ATSUKO , YAMASHITA TAKUMI

    癌剤ブレオマィシン (以下BLMと略す) の誘導体であるペプレオマイシン (以下NK631と略す) の毒性研究は, ラットを用いた急性1) および亜急性2) 毒性試験等について種々の角度から検討されている。本報では, ラット慢性毒性試験と投与終了後5週間の休薬日を設けた回復性試験をおこなつたので, その結果を報告する

    The Japanese Journal of Antibiotics 31(12), 803-836, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • TOXICOLOGICAL STUDIES ON PEPLEOMYCIN SULFATE (NK631) III:SUBACUTE TOXICITY OF PEPLEOMYCIN IN DOGS  [in Japanese]

    ITO KOHICHI , TSUBOSAKI MASATOSHI , MATSUDA AKIRA , KONOHA NORIYASU , HANDA JUN , IRIE YUKIO , EZURA HIKARU , KUMAGAI MUTSUMI , IRIE YAYOI , SUZUKI ATSUKO , MIYAMOTO KOHKICHI , YAMASHITA TAKUMI

    酸ペプレオマイシン (以下NK631と略す) は, 主として扁平上皮癌の治療に用いられているブレオマイシン (以下BLMと略す) の誘導体で, 固型癌に対する制癌力や培養細胞 (HeLa S3細胞) に対する阻止率が強く, また, マウスにおける肺の線維化がBLMより弱く, かつ組織分布性に特徴をもち, その臨床有効性が期待されている。<BR>著者らは, すでにBLMの毒性実験としてN …

    The Japanese Journal of Antibiotics 31(12), 767-802, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • TOXICOLOGICAL STUDIES ON PEPLEOMYCIN SULFATE (NK 631) II:SUBACUTE TOXICITY OF PEPLEOMYCIN SULFATE IN RATS  [in Japanese]

    TSUBOSAKI MASATOSHI , MIYAMOTO KOHKICHI , MATSUDA AKIRA , KONOHA NORIYASU , IRIE YUKIO , ITO KOHICHI , HANDA JUN , EZURA HIKARU , KUMAGAI MUTSUMI , IRIE YAYOI , SUZUKI ATSUKO , YAMASHITA TAKUMI

    基礎的実験において, 制癌性, 臓器分布性, 肺毒性等た部いて, ブレオマイシン (以下BLM) より優れているペプレオマイシン1)(以下NK631) につい実は, 前報の急性毒性2) をはじあ, 種々の角度から, その毒性が検討されているが, 本報では, このうちラットを用いた亜急性毒性試験と, 投与終了後5週間の回復試験を実施したので, そめ結果を報告する

    The Japanese Journal of Antibiotics 31(12), 738-765, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • TOXICOLOGICAL STUDIES ON PEPLEOMYCIN SULFATE (NK 631) I:ACUTE TOXICITY OF PEPLEOMYCIN IN MICE, RATS AND DOGS  [in Japanese]

    ITO KOHICHI , IRIE YUKIO , MIYAMOTO KOHKICHI , YAMASHITA TAKUMI , TSUBOSAKI MASATOSHI , MATSUDA AKIRA , KONOHA NORIYASU

    硫酸ペプレオマイシン (以下NK631と略す) は, ブレオマイシン (以下BLMと略す) の誘導体で, ブレオマイシン酸のカルボン酸とN-(3-アミノプロピル)-α-フェネチルアミンの1級アミノ基を脱水縮合した下記の構造をもつ硫酸塩である (Fig.1) 。<BR>NK631は, 約300種のBLMの誘導体の中から制癌活性, 臓器分布性, 肺毒性等の諸点から選択された新らしいBLMの …

    The Japanese Journal of Antibiotics 31(12), 719-737, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Studies on acute toxicities of bleomycin oil suspension  [in Japanese]

    TSUBOSAKI MASATOSHI , SEKIGUCHI TETSUO , ITO KOICHI , KUMAGAI MUTSUMI , YAMASHITA TAKUMI , YOSHIOKA OSAMU , MATSUDA AKIRA

    ブレオマイシンは従来から急性毒性が低く, 正常組織に対する影響が少ないために筋注のできる制癌剤として知られている。<BR>最近では, 製剤学的な特徴を最大限に発揮させるような投与法が新らたに闘発されつっある。われわれは, このうち硫酸ブレオマイシン油性注射液 (以下油性BLMと略す) に着目し, そのDioavailabilityの特徴が局注での局所組織内滞留性, および筋注での血中濃 …

    The Japanese Journal of Antibiotics 29(10), 894-899,901, 1976

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Toxicological studies of bleomycin ointment:Acute toxicity of bleomycin ointment orally administered into mice, rats and dogs  [in Japanese]

    TSUBOSAKI NASATOSHI , ITO KOUICHI , MIYAMOTO KOUKICHI , TANAKA TAKESHI , SEKIGUCHI TETSUO , MATSUDA AKIRA

    抗腫瘍性物質であるブレオマイシン (以下BLM) の軟膏について, 経口的に摂取されるばあいを考慮し, その安全性を検討するためにマウス, ラットおよび犬を用いて経口投与による急性毒性の実験をおこなった。

    The Japanese Journal of Antibiotics 28(1), 1-2, 1975

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top