海老原 和雄 EBIHARA KAZUO

ID:9000256771636

日本化薬株式会社医薬事業部薬品研究所 Research Laboratories Pharmaceutical Division, Nippon Kayaku Co., Ltd. (1978年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • TOXICOLOGICAL STUDIES OF PEPLEOMYCIN SULFATE V.:SHORT TERM INTERMITTENT TOXICITY IN DOGS  [in Japanese]

    HASHIMOTO YOSHIMASA , YAMASHITA TAKUMI , KOYU AKIKO , EBIHARA KAZUO , SUZUKI HAJIME , KUMAGAI MUTSUMI , YOSHIOKA OSAMU , MATSUDA AKIRA

    酸ブレオマイシン (以下BLMと略す) は, 1962年, 梅沢ら1) によつて発見され, 市川らによつて扁平上皮癌に著効を示すことが確認された。さらに, 悪性リンパ腫等に有効なことが示され, また, 造血器, 生殖器, 消化器に対する障害がなく, 広く臨床に用いられている抗腫瘍性抗生物質である。しかし, 副作用として, 時に致死的ともなる肺線維症が報告され, 使用量, 使用期間の制限因子となつて …

    The Japanese Journal of Antibiotics 31(12), 837-858, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top