国松 正彦 KUNIMATSU MASAHIKO

ID:9000256773460

日本大学医学部第3外科学教室 (1981年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Sensitivity of clinical isolates in the surgical field to aminoglycoside and clinical evaluation of tobramycin intravenous drip infusion.  [in Japanese]

    IWAI SHIGETOMI , JINNO DAIJO , YAMAMOTO ETSUEI , YOKOTA TSUTAE , OKAMURA NORIO , TAKAI KAZUMITSU , SATO TAKESHI , KUNIMATSU MASAHIKO , SAKABE TAKASHI

    近年化学療法剤の開発はめざましく, なかでもPenicillin系, Cephalosporin系およびAminoglycoside系には多数の新抗生剤が出現している。一方外科臨床においては手術対象の拡大とともに術後感染症の複雑化がすすみ, 臨床分離菌は混合感染が非常に増加している。特にグラム陰性桿菌の混合感染の増加に伴ない, 上記抗生剤中, Aminoglycoside系薬剤の選択の機会が増加し …

    The Japanese Journal of Antibiotics 34(10), 1355-1365, 1981

    J-STAGE 

Page Top