大森 勝寿 OHMORI KATSUJI

ID:9000256777267

福島県立医科大学第2外科 Second Department of Surgery, Fukushima Medical College (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • TREATMENT OF POSTOPERATIVE INFECTIONS IN PATIENTS WITH MALIGNANT DISEASE BY MICRONOMICIN  [in Japanese]

    OHMORI KATSUJI , SUZUKI MASAHITO , ENDO SEIJI , WATANABE IWAO , ENDO SHINICHIRO

    近年外科領域, 特に消化器外科の術後感染症では, グラム陰性桿菌が起炎菌として分離される頻度が著しく高く1~3), 治療に難渋することが多い。<BR>一方, 悪性腫瘍患者では一般に免疫機能が低下しており4~5), このことは癌の予後を左右する因子となるばかりでなく, 術後感染発生の要因ともなり得る。<BR>我々は, 癌患者の主として術後の感染症に対し, ブドウ球菌をはじめと …

    The Japanese Journal of Antibiotics 36(7), 1593-1598, 1983

    J-STAGE 

Page Top