岡崎 治 OKAZAKI OSAMU

ID:9000256791409

第一製薬株式会社開発研究所 Research Institute, Daiichi Pharmaceutucal Co., Ltd. (1991年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • INTRAOCULAR PENETRATION OF DR-3355, A NEW QUINOLONE DERIVATIVE  [in Japanese]

    OOISHI MASAO , MIYAO MASUYA , OKAZAKI OSAMU

    DR-3355の眼内動態を知る目的で, 白色成熟家兎を用いて前房水中濃度及び眼組織内濃度を測定した。<BR>20mg/kg1回経口投与後, 前房水中へは2時間でPeak値1.06μg/mlのDR-3355濃度が移行してみられ, 6時間後も0.37μg/mlの濃度が証明された。Peak時の房血比は23.3%であった。<BR>薬動力学的解析による前房水中並びに血清中濃度のC&l …

    The Japanese Journal of Antibiotics 44(9), 958-963, 1991

    J-STAGE 

Page Top