中村 正彦 NAKAMURA MASAHIKO

ID:9000256799701

大阪大学蛋白質研究所 Institute for Protein Research, Osaka University (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • PROPOSED MECHANISM OF ACTION OF METALLOENDOPEPTIDASE-F IN THE TREATMENT OF PATIENTS WITH CHRONIC HEPATITIS B OR C INFECTION  [in Japanese]

    FUJISAKI SHIGEMI , FUJISAKI TAKASHI , YOSHIDA JUN-ICHI , FUJISAKI YASUHIRO , MITANI MITSUAKI , NAKAMURA MASAHIKO , OTAKE NOBORU

    B型およびC型慢性肝炎は高率に肝硬変に進行し, 更に肝細胞癌を発症することは良く知られている。肝炎ウイルス持続感染により肝内で1型ヘルパーT細胞応答がupregulationされ, 遅延型過敏反応や炎症反応の充進により肝細胞障害および線維化をきたす。筆者らはB型およびC型慢性肝炎患者に新規メタロエンドペプチダーゼ-F (MEP-F) を内服投与することにより肝炎ウイルスの血中レベル (HBs抗原お …

    The Japanese Journal of Antibiotics 53(3), 135-156, 2000

    J-STAGE 

Page Top