本間 明宏 HONMA Akihiro

ID:9000256831416

北海道大学病院 耳鼻咽喉科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Graduate School of Medicine, Hokkaido University (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 20

  • Two Cases of Effective Combined Treatment with a Histamine H<sub>1</sub> Receptor Antagonist and Perospirone for Intractable Nausea and Vertigo Induced by Opioid Treatment  [in Japanese]

    Osada Takayuki , Sakashita Tomohiro , Oridate Nobuhiko , Homma Akihiro , Fukuda Satoshi , Sugawara Mitsuru , Iseki Ken , Shibayama Yoshihiko , Kumai Masayoshi , Yamada Takehiro , Kasashi Kumiko , Kuramoto Rinnosuke , Sunosaki Shingo , Akazawa Shigeru , Maeda Hiroyuki

    Intractable nausea and vertigo induced by opioid treatment are occasionally difficult to treat. It has been reported that antiemetic drugs and opioid rotation may be effective in treating nausea in su …

    Iryo Yakugaku (Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences) 38(1), 51-55, 2012

    J-STAGE 

  • Strategy for personalized treatment of human papillomavirus-positive oropharyngeal squamous cell carcinoma  [in Japanese]

    Mizumachi Takatsugu , Hatakeyama Hiromitsu , Kano Satoshi , Sakashita Tomohiro , Suzuki Seigo , Homma Akihiro , Oridate Nobuhiko , Fukuda Satoshi

    中咽頭扁平上皮癌83例を対象にHPV感染と治療成績との関連について検討した。HPV陽性例は26例(HPV16陽性22例,HPV18陽性2例,HPV35陽性1例,HPV58陽性1例)であった。5年粗生存率の比較ではHPV陽性例は78.1%,陰性例は48.9%であり,HPV陽性例の方が有意に(p=0.0024)生存率が高かった。放射線化学療法施行症例においてもHPV陽性例の方が有意に高い生存率であった …

    Toukeibu Gan 37(3), 394-397, 2011

    J-STAGE 

  • Prevalence and prognosis of human papillomavirus in oropharyngeal cancer  [in Japanese]

    Mizumachi Takatsugu , Kano Satoshi , Hara Toshihiro , Suzuki Fumiyuki , Suzuki Seigo , Homma Akihiro , Oridate Nobuhiko , Fukuda Satoshi

    中咽頭扁平上皮癌53例を対象にHPV感染と治療成績との関連について検討を行った。53例中14例(26%)がHPV陽性であったが,扁桃原発例に限れば19例中11例(58%)が陽性であった。HPV陽性14例中12例(86%)がHPV16陽性で,HPV18およびHPV58陽性が各1例みられた。疾患特異的5年生存率はHPV陽性例の方が陰性例に比べ有意に高い結果となった。放射線化学療法施行症例においてもHP …

    Toukeibu Gan 36(4), 498-501, 2010

    J-STAGE 

  • Clinical results of intensity modulated radiotherapy (IMRT) for head and neck cancer: Experience of Hokkaido University Hospital  [in Japanese]

    Onimaru Rikiya , Hasegawa Masakazu , Yasuda Koichi , Kinoshita Rumiko , Shirato Hiroki , Homma Akihiro , Oridate Nobuhiko , Fukuda Satoshi

    2002年5月から2007年12月までに北大病院放射線科にて強度変調放射線治療(Intensity modulated radiation therapy, IMRT)を行った37例を検討した。上咽頭13例,中咽頭19例,下咽頭3例,上顎1例,口腔1例であった。<br>死亡は4例で認められた。治療終了後4ヶ月で中咽頭癌(後壁T3N0)が咽頭膿瘍後の誤嚥性肺炎で死亡したが,他の3名は他癌 …

    Toukeibu Gan 35(3), 245-249, 2009

    J-STAGE 

  • Immediate reconstruction of total facial nerve plexus after radical total parotidectomy: Facial-hypoglossal network system based on neural signal augmentation  [in Japanese]

    Furukawa Hiroshi , Saito Akira , Hayashi Toshihiko , Yamamoto Yuhei , Homma Akihiro , Fukuda Satoshi , Furuta Yasushi , Sekido Mitsuru

    ネットワーク型顔面神経再建は,神経信号の減弱した顔面神経と,健常な舌下神経との間に神経端側縫合を用いてネットワークを作成し,舌下神経信号を付加して強い顔面表情筋の収縮を得るコンセプトであり,本術式により顔面表情筋は顔面神経と舌下神経の神経二重支配を受ける。今回,我々は耳下腺癌における顔面神経の欠損3症例に対し,ネットワーク型再建を行い良好な顔面表情筋機能の回復を得た。

    Toukeibu Gan 35(3), 217-222, 2009

    J-STAGE 

  • Current status and assessments of reanimation for facial palsy after resection of parotid gland carcinoma  [in Japanese]

    Furuta Yasushi , Ohtani Fumio , Inamura Naoya , Suzuki Fumiyuki , Homma Akihiro , Oridate Nobuhiko , Yamamoto Yuhei , Fukuda Satoshi

    耳下腺癌切除後の顔面神経再建は,患者のQOLの向上を図る上で重要な課題である。本論文では,耳下腺癌切除後の顔面神経再建の現状について述べた。耳下腺癌切除後の顔面神経再建についての全国アンケート調査によれば,大部分の施設では腫瘍切除時に即時再建を行うことを基本方針としており,また60%の施設においては形成外科医が再建を担っていた。耳下腺癌切除後の顔面神経再建において,二期的形成術を含め形成外科医の果 …

    Toukeibu Gan 35(3), 213-216, 2009

    J-STAGE 

  • Intraarterial Chemoradiation Therapy for Hypopharyngeal Carcinoma

    Nakatani H. , Honma A. , Yoshizaki T. , Hirose K. , Matsumoto N. , Takeda T. , Itoh S. , Yamanishi T. , Nishioka A. , Ogawa Y. , Akisada K.

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 59(2), 114-114, 2008

    J-STAGE 

  • Salvage surgery for recurrent laryngeal cancer following chemoradiotherapy  [in Japanese]

    FURUTA Yasushi , HONMA Akihiro , ORIDATE Nobuhiko , ATAGO Yoshihiro , SUZUKI Seigo , SUZUKI Fumiyuki , FUKUDA Satoshi

    喉頭癌の化学放射線療法 (chemoradiotherapy; CRT) 後の再発症例において,salvage手術法の選択について検討した。1995年-2001年のCBDCAまたはCDDP併用CRT後の再発例においては23例全例で喉頭全摘術が施行された。2002年-2005年のDOC併用CRT後の再発例においては喉頭機能温存手術が4例に,喉頭全摘術が6例に施行された。症例を選択すれば喉頭機能温存手 …

    OTOLOGIA FUKUOKA 54(6Supplement1), S61-S66, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Voice-Related Quality of Life after Treatment for Laryngeal Cancer  [in Japanese]

    Oridate Nobuhiko , Furuta Yasushi , Homma Akihiro , uzuki Seigo , Suzuki Fumiyuki , Hatakeyama Hiromitsu , Taki Shigenari , Sakashita Tomohiro , Fukuda Satoshi

    【背景】喉頭癌に対する治療法は単独あるいは化学療法併用での放射線,喉頭微細手術,喉頭部分切除,喉頭亜全摘術,喉頭全摘術など多様化しており,それぞれ治療成績が報告されているが,音声に関するQOLを同一の基準で比較検討した報告は少ない。<BR>【目的】各治療法による音声に関するQOLを検証すること。<BR>【対象と方法】対象は喉頭癌に対する根治治療を受け,北海道大学病院にて外来 …

    Toukeibu Gan 33(4), 465-469, 2007

    J-STAGE 

  • Surgical complications of salvage surgery following concurrent chemoradiotherapy for laryngeal cancer  [in Japanese]

    Furuta Yasushi , Shirato Hiroki , Sekido Mitsuru , Yamamoto Yuhei , Fukuda Satoshi , Homma Akihiro , Oridate Nobuhiko , Suzuki Fumiyuki , Hatakeyama Hiromitsu , Taki Shigenari , Sakashita Tomohiro , Nishioka Takeshi , Suzuki Keishiro

    化学放射線併用療法(CRT)後のsalvage手術においては合併症の発生率が高いことが報告されており,慎重な対応を要する。北海道大学病院にて化学放射線同時併用療法(CCRT)を施行後,残存・再発によりsalvage手術を行った喉頭癌症例を対象として,術後の合併症を検討した。1990年から2006年まで当施設で喉頭全摘術を施行された喉頭癌症例86例を3群に分け検討した。すなわち初回治療として喉頭全摘 …

    Toukeibu Gan 33(3), 356-360, 2007

    J-STAGE 

  • Efficacy of superselective infusion of cisplatin and radiotherapy to control neck disease in head and neck cancers  [in Japanese]

    Homma Akihiro , Nishioka Takeshi , Shirato Hiroki , Fukuda Satoshi , Furuta Yasushi , Suzuki Fumiyuki , Asano Takeshi , Furusawa Jun , Oridate Nobuhiko , Hatakeyama Hiromitsu , Nagahashi Tatsumi , Suzuki Keishiro

    目的:原発巣に対して超選択的動注+照射の同時併用療法(以下RADPLAT)を行った症例のうちリンパ節転移(以下LN)陽性で頸部を1年以上観察できた23例についてLNの治療結果・成績について検討した。<BR>対象:症例は鼻副鼻腔4例,中咽頭5例,下咽頭13例,耳下腺1例,N分類はN1:2例,N2b:10例,N2c:8例,N3:3例であった。<BR>方法:動注はSeldinge …

    Toukeibu Gan 33(1), 39-42, 2007

    J-STAGE 

  • Secondary Voice Prosthesis Placement Using a Side Window of the Endotracheal Tube  [in Japanese]

    Furuta Yasushi , Homma Akihiro , Oridate Nobuhiko , Mesuda Yasushi , Nishizawa Noriko , Fukuda Satoshi

    喉頭摘出を含む一次治療終了後にvoice prosthesisを二期的に挿入する場合,食道直達鏡を用いた挿入術に難渋することがある。われわれが行っている気管内挿管チューブの側孔を利用したvoice prosthesis挿入方法を紹介する。全身麻酔下に気管内挿管チューブと内視鏡を食道内に挿入し,モニターで観察しながら挿入用インサーターが気管チューブの先端にある側孔を通るように穿刺する。従来の方法で穿 …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 58(4), 417-421, 2007

    J-STAGE 

  • Acid Suppression Therapy Offers Relief of Different Laryngopharyngeal and Typical Esophageal Symptoms in Laryngopharyngeal Reflux Patients  [in Japanese]

    Oridate N. , Mesuda Y. , Nishizawa N. , Mori M. , Homma A. , Furuta Y. , Fukuda S.

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 58(2), 187-188, 2007

    J-STAGE 

  • Superselective Arterial Infusion and Concomitant Radiotherapy for Hypopharyngeal Cancer

    Homma A. , Furuta Y. , Suzuki F. , Furusawa J. , Oridate N. , Atago Y. , Higuchi E. , Fukuda S.

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 58(2), 130-130, 2007

    J-STAGE 

  • GENE EXPRESSION PROFILE BY RNAi-MEDIATED SUPPRESSION OF S100A2 IN HUMAN BRONCHIAL EPITHELIAL CELLS  [in Japanese]

    ORIDATE Nobuhiko , MIZUMACHI Takatsugu , SUZUKI Fumiyuki , HOMMA Akihiro , FURUTA Yasushi , FUKUDA Satoshi

    カルシウム結合タンパク質であるS100A2の機能はまだ明らかでないが,気道上皮細胞の発癌モデル系で悪性化に伴いその発現が段階的に減少することが指摘されている。昨年,われわれはこの遺伝子が癌抑制遺伝子として機能している可能性を報告した(頭頸部癌30(4):651-656,2004)。すなわち,不死化ヒト気道上皮細胞1799にS100A2遺伝子に特異的なshort hairpin RNAを発現するベク …

    Toukeibu Gan 31(4), 481-486, 2005

    J-STAGE 

  • RNAi-MEDIATED SUPPRESSION OF PUTATIVE TUMOR SUPRESSOR S100A2 IN HUMAN BRONCHIAL EPITHELIAL CELLS  [in Japanese]

    ORIDATE Nobuhiko , SUZUKI Fumiyuki , MIZUMACHI Takatsugu , HOMMA Akihiro , FURUTA Yasushi , FUKUDA Satoshi

    S100A2はカルシウム結合タンパク質であるS100ファミリーに属するが, その機能はまだ明らかでない。喉頭癌においてその発現減少が予後不良と関連していること, 気道上皮細胞の発癌モデル系で悪性化に伴いその発現が段階的に減少することが指摘されている。本研究では, 気道上皮細胞においてS100A2が癌抑制遺伝子産物として機能しているかを知る目的で, RNA干渉法を用いて不死化ヒト気道上皮細胞1799 …

    Toukeibu Gan 30(4), 651-656, 2004

    J-STAGE 

  • Complications Following Groningen Voice Prosthesis Insertion  [in Japanese]

    Furuta Yasushi , Mesuda Yasushi , Nagahashi Tatsumi , Homma Akihiro , Oridate Nobuhiko , Nishizawa Noriko , Fukuda Satoshi

    (目的)喉頭摘出後の音声再建法として長期留置型のGroningen voice prosthesis(以下グロニンゲン)挿入に伴う合併症について,その頻度,対処方法について検討した。(対象)挿入術後1年以上経過した22例を対象とした。挿入観察期間は7~37カ月(中央値24カ月),交換回数は0~10回(平均4回)であった。(結果)シャント部からの漏れ15例(1例で抜去閉鎖),感染・肉芽形成6例(4例 …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 55(1), 16-21, 2004

    J-STAGE 

  • Concurrent chemotherapy and radiotherapy as initial treatment for T2N0 glottic carcinoma  [in Japanese]

    NAGAHASHI Tatsumi , FUKUDA Satoshi , HOMMA Akihiro , INUYAMA Yukio , SHIRATO Hiroki

    1990年11月より未治療喉頭T2N0声門癌患者33例に対し、CBDCAないしCDDPの放射線化学同時併用療法を行い、その結果につき検討を加えた。治療方法はCBDCA100mg/m<SUP>2</SUP>を週1回ないしCDDP4mg/m<SUP>2</SUP>を週4回、照射日に一致して点滴静注し、照射は2.5Gy/fr週4回行い40Gyで評価し、NC …

    OTOLOGIA FUKUOKA 48(4Supplement1), S41-S45, 2002

    J-STAGE 

  • Concurrent chemoradiotherapy for lingual cancer and evidence-based medicine (EBM) in head and neck cancer  [in Japanese]

    FUKUDA Satoshi , HOMMA Akihiro , NAGAHASHI Tatsumi , YAGI Katsunori , INUYAMA Yukio

    1990年11月から1994年11月までの期間、当科にてカルボプラチン (CBDCA) と放射線の同時併用療法を施行した舌原発扁平上皮癌新鮮例で観察期間が最低3年以上経過した21例 (38-76歳、平均57.7歳、男性: 15例、女性: 6例、stage I: 2例、stage II: 9例、stage III: 7例、stage IV: 3例) の治療成績について検討した。観察期間は3年5カ月か …

    OTOLOGIA FUKUOKA 47(5Supplement1), S11-S15, 2001

    J-STAGE 

  • Concurrent chemoradiotherapy for hypopharyngeal cancer  [in Japanese]

    FUKUDA Satoshi , NAGAHASHI Tatsumi , HONMA Akihiro , INUYAMA Yukio , SHIRATO Hiroki

    1990年11月より頭頸部癌患者に対しCBDCAと放射線同時併用療法を行い、評価可能147例 (男性125例、女性22例、年齢: 34歳-82歳) のうち下咽頭癌患者22例について検討を加えた。治療方法はCBDCA100mg/m<SUP>2</SUP>を週1回照射日に一致して点滴静注し、照射は<SUP>60</SUP>Co2.5Gy/fr週4回行い4 …

    OTOLOGIA FUKUOKA 45(6Supplement3), 706-709, 1999

    J-STAGE 

Page Top