村田 実 Murata Minoru

ID:9000256852066

新潟大学医学部第1内科 The First Department of Internal Medicine, Niigata University School of Medicine (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case with uncommon form (type II) of AV nodal reentrant tachycardia suppressed by verapamil  [in Japanese]

    Shibuya Toshiyuki , Morikawa Masatsugu , Murata Minoru , Aizawa Yoshifusa , Arai Yutaka , Ozawa Takefumi , Shibata Akira , Oda Eiji , Watanabe Toru

    症例はverapamilが奏効したII型のPSVTを有する43歳の男性.その電気生理学的機序を検討した.運動負荷にてPSVTが発生した.その開始時2:1房室blockがみられた.またPSVT中QRS波の直前に逆行性心房波がみられた.右室pacingでV-A伝導はなかった.以上よりこの頻拍のcircuitにHis束以下の刺激伝導系の関与が否定された.心房pacingおよびextrastimulus法 …

    Shinzo 16(8), 862-869, 1984

    J-STAGE 

Page Top