室 愛子 Muro Aiko

ID:9000256873598

久留米大学医学部第3内科 The Third Department of Internal Medicine, Kurume Univercity School of Medicine (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Prognostic significance of left ventricular outflow obstruction in patients with hypertrophic cardiomyopathy  [in Japanese]

    Muro Aiko , Koga Yoshinori , Nishi Hirofumi , Nakata Masashi , Surnida Eiji , Imaizumi Tsutomu

    左室流出路狭窄は,肥大型心筋症(HCM)に特徴的な病態であり,突然死など予後との関連が推測されてきたが結論は得られていない.そこで本研究では,HCM患者の長期予後と初診時臨床所見の関係を解析し,左室流出路狭窄が予後規定因子となり得るか否かを検討した.対象は当院入院のHCM患者337例で69例が安静時20mmHg以上の左室内圧較差を示した.平均8.9±5.6年の追跡期聞中66例が死亡し,その内訳は突 …

    Shinzo 32(5), 404-411, 2000

    J-STAGE 

Page Top