畑崎 喜芳 Hatasaki Kiyoshi

ID:9000256875678

富山県立中央病院小児科 Department of Pediatrics, Toyama Prefectural Central Hospital (2001年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 第13回心臓性急死研究会 カテーテルアブレーションが著効した若年者カテコラミン感受性多形性心室頻拍の1例

    臼田 和生 , 小林 大祐 , 打越 学 , 永田 義毅 , 竹森 一司 , 石川 忠夫 , 畑崎 喜芳

    症例は13歳,女子.1999年11月8日朝シャワー浴後,突然意識消失をきたし近医受診.心電図モニター上,心拍数増加と共に心室性期外収縮と,頻拍周期が非常に短い非持続性多形性心室頻拍の頻発が認められた.12月25日再度意識消失を認め当院小児科入院.多形性心室頻拍が意識消失の原因と考えられ加療目的に当科紹介された.12誘導心電図は正常洞調律で基礎心疾患はみられず,多形性心室頻拍出現様式よりカテコラミン …

    心臓 33(Supplement3), 56-62, 2001

    J-STAGE  医中誌Web 

ページトップへ