柏村 正明 Kashiwamura Masaaki

ID:9000257918656

北海道大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otolaryngology-Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Relationship between Tracheotomy Method and the Developmemt of Granulation in Children with and without MRSA Infection.  [in Japanese]

    Nakamura Yoshitaka , Hiyama Shigeki , Kashiwamura Masaaki , Fukuda Satoshi

    近年,乳幼児の気道管理は気管内挿管が主流であるが中には気管切開を要する症例も少なからず存在し,この際の問題のひとつとして肉芽形成があげられている。よって今回われわれは1988年から2000年まで当科で気管切開を実施した8例と他院にて気管切開が施行された4例の計12例において小児気管切開例の術式と遅発性術後合併症のひとつである気管孔周囲および気管内肉芽形成について検討した。気管切開実施年齢は6カ月か …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 53(6), 458-464, 2002

    J-STAGE 

Page Top