多田 譲治 TADA Joji

ID:9000257939145

岡山市民病院皮膚科 Division of Dermatology, Okayama City Hospital (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Drug eruption due to Cyanamide  [in Japanese]

    OKAZAKI Fusako , UEDA Masumi , ARATA Jiro , TADA Joji

    症例は54歳男性。シアナミド10~20ml/日を3ヵ月内服後,全身に痒みを伴う紅斑および褐色色素斑が出現。本人には無告知投与であったが精神科主治医の連絡によりシアナミドの内服が判明した。シアナミドのパッチテストは陽性で,内服誘発試験を施行したところ皮疹部に紅斑が再燃した。病理組織学所見とあわせてシアナミドによる苔癬型薬疹と診断した。

    Nishi Nihon Hifuka 65(3), 269-271, 2003

    J-STAGE 

Page Top