竹中 正好 Takenaka Masayoshi

ID:9000257946208

和歌山県農林水産総合技術センター 果樹試験場うめ研究所 Japanese Apricot Reserch laboratory, Fruit Tree Experiment Station, Wakayama Reserch Center of Agriculture, Forestry and Fisheries (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The Cause of Occurrence of Pulp Hardening Syndrome in Pickled Japanese Apricot Cultivar 'Nanko'  [in Japanese]

    Jomura Noriaki , Sakurai Naoki , Tsuchida Yasuhisa , Miyake Hidenobu , Azuma Takaya , Takenaka Masayoshi

    '南高'梅干しに発生して問題となっている,果肉の一部が硬くなる果肉硬化障害の発生要因を調査した.硬化部の果肉切片をアニリンブルーで染色した結果,細胞壁が青く染色されたことから,硬化障害の原因物質はカロースであることが推測された.また障害果は,塩漬け前に核付近に空洞が確認された果実に発生し,空洞に隣接した組織の細胞壁がアニリンブルーで青く染まることから,障害果は果肉が核から引きはがされた裂傷部に傷害 …

    Horticultural Research (Japan) 8(2), 181-186, 2009

    J-STAGE 

Page Top