Koizumi Keiichi

ID:9000258012538

Department of Kampo Diagnostics, Institute of Natural Medicine, University of Toyama (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Cinnamaldehyde and paeonol increase HIF-1α activity in proximal tubular epithelial cells under hypoxia

    Oka Hiroshi , Saiki Ikuo , Shimada Yutaka , Goto Hirozo , Koizumi Keiichi , Nogami Tatsuya , Watari Hidetoshi , Nakamura Shin , Zhou Yue , Sakurai Hiroaki , Shibahara Naotoshi

    近年,腎組織における低酸素は,腎不全の末期に至る共通経路であると考えられている。我々は,八味地黄丸が低酸素誘導因子 (HIF) の関与による腎保護作用を有することを明らかにした。 本研究では,低酸素下においてラット近位尿細管上皮細胞を用い,八味地黄丸の活性成分と作用機序を検討した。八味地黄丸に含まれる 8 種類の生薬を近位尿細管上皮細胞に添加し,HIF-1α mRNA と HIF-1& …

    Journal of Traditional Medicines 28(3), 149-157, 2011

    J-STAGE 

Page Top