川島 邦博 KAWASHIMA Kunihiro

ID:9000258037454

岡山大学医学部第二内科 Second Department of Medicine, Okayama University Medical School (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Occurrence of Follicular Small Cleaved Cell Lymphoma Following Chemotherapy for Diffuse Large Cell Lymphoma  [in Japanese]

    SAITO Seiji , HAYASHI Kyoichi , OHNOSHI Taisuke , KAWASHIMA Kunihiro , MATSUTOMO Seiji , TAGAWA Shinnya , YOSHINO Tadashi , NISHIUCHI Ritsuo , KIMURA Ikuro

    症例は1985年6月,59歳時,全身のリンパ節腫大と高カルシウム血症をきたし,左鼠径リンパ節生検でびまん性大細胞型リンパ腫と診断され,CHOP療法により完全寛解(CR)となった。その後は無治療で経過観察されていたが,1992年1月,左腋窩,左鎖骨上窩のリンパ節腫大と脾腫が出現し,左腋窩リンパ節生検の結果,濾胞性中細胞型リンパ腫と診断された。その後腫瘤は自然退縮し,緩慢な経過を呈している。中ないし高 …

    Rinsho Ketsueki 35(7), 676-681, 1994

    J-STAGE 

Page Top