坂下 一夫 SAKASHITA Kazuo

ID:9000258040794

小児癌・白血病研究グループ(CCLSG) Children's Cancer and Leukemia Study Group (CCLSG) (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Prognostic significance of chromosome analysis in childhood acute lymphoblastic leukemia  [in Japanese]

    HYAKUNA Nobuyuki , SEKINE Isao , FUJIMOTO Takeo , KANEKO Yasuhiko , KATANO Naoyuki , IWAI Tsuyako , NAGATA Toshihito , SAKASHITA Kazuo , TAKEDA Osamu , TANAKA Atsushi , AZUMA Hiroshi

    1987年から1993年に小児癌・白血病研究グループに登録された小児ALL 593例のうち,染色体分析結果が判明した311例(64%)について核型と予後との関連を検討した。Ploidyで分類するとhyper-diploid (>50)群(13%)はもっとも予後良好(4年EFS 83±6%)であり,pseudodiploid群(24%)はもっとも予後不良(4年EFS 52&plu …

    Rinsho Ketsueki 41(7), 576-584, 2000

    J-STAGE 

Page Top