大和田 啓 OWADA Akira

ID:9000258041120

北里大学第四内科 Fourth Department of Internal Medicine, Kitasato University School of Medicine (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Role of ultrasonography in diagnosis of neutropenic enteritis: a study of 4 cases  [in Japanese]

    HAGIWARA Shotaro , TOGANO Tomiteru , KAJIWARA Kouichi , OTAKE Hiroyuki , OWADA Akira , HAYAMA Miyuki , AKIYAMA Nobu , HORIE Ryoichi , HIGASHIHARA Masaaki

    好中球減少性腸炎は好中球減少状態における感染性ないし炎症性腸炎である。多くは造血器腫瘍の治療中に発熱,下痢,腹痛にて発症するが症状が不明瞭なこともある。大腸造影検査,CT, 超音波検査などによる診断法が報告されているが,われわれは,超音波検査を用いて4症例の好中球減少性腸炎を診断し,さらに経過観察にも活用した。好中球減少性腸炎は重症化しやすく予後不良であるため,早期診断と適切な治療選択が求められる …

    Rinsho Ketsueki 42(2), 81-88, 2001

    J-STAGE 

Page Top