南光 弘子 Nanko Hiroko

ID:9000258080008

東京厚生年金病院皮膚科 Tokyo Koseinenkin Hospital (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Idiopathic nodular panniculitis with systemic signs in a dog.  [in Japanese]

    Shibata Kumiko , Nagata Masahiko , Tagami Kumi , Ishino Takashi , Sato Tsuneo , Nanko Hiroko

    6歳齢, 去勢雄, ビション・フリーゼに, 沈うつ, 嗜眠とともに, 抗生物質で改善しない発熱と排液を伴う多発性の皮膚結節が生じた。血液検査および血液化学検査で貧血, 総白血球数増加, ALPの上昇がみられた。病理組織学的検査で細菌を認めない, 激しい小葉性皮下脂肪織炎が認められた。組織の細菌培養検査および真菌培養検査は陰性であった。以上より, ヒトでこれまでウェーバー・クリスチャン病と呼ばれてい …

    The Japanese Journal of Veterinary Dermatology 5(1), 10-13, 1999

    J-STAGE 

Page Top