松浦 一生 MATSUURA Kazuo

ID:9000258096666

本永病院外科|広島大学原爆放射線医科学研究所腫瘍外科 Department of Surgery, Motonaga Hospital|Department of Surgical Oncology, Hiroshima University (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Pneumoretroperitoneum, Pneumomediastinum, and Subcutaneous Emphysema Induced by Postcolonoscopic Penetration to Greater Omentum in Transvers Colon  [in Japanese]

    MATSUURA Kazuo , KONO Hiromitsu , YAMAGUCHI Yoshiyuki

    大腸内視鏡 (CF) 検査後, 広範な後腹膜気腫・縦隔気腫・皮下気腫を呈し, 急性腹症として開腹手術を施行した1症例を経験した。症例は93歳, 女性。他院にてCF検査後, 腹痛を訴え, 皮下気腫を認めたため, 大腸穿孔を疑われ当院紹介入院となった。入院時腹腔内にfree air, 腹水を認めず, 全身状態が安定していたため, 保存的治療をしていた。入院後3日目に腹痛を強く訴え, 左側腹部に筋性防御 …

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 32(2), 238-241, 2007

    J-STAGE 

Page Top