大山 孝雄 OHYAMA Takao

ID:9000258097366

奈良県立奈良病院外科 Department of Surgery, Nara Prefectural Nara Hospital (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Clinicopathological Study on Eleven Cases of Primary Adenocarcinoma of the Appendix  [in Japanese]

    YOKOYAMA Takashi , WATANABE Akihiko , NISHINUMA Tohru , NAKAGAWA Kenji , MUKOGAWA Tomohide , OHYAMA Takao

    原発性虫垂癌11例を経験した。平均年齢は65.8歳,男性3例,女性8例であった。緊急手術4例では右下腹部痛を主訴に受診し,CTや超音波検査で急性虫垂炎,腹腔内膿瘍と診断したが,術中に粘液の排出を認めた2例は虫垂腫瘍を疑い診断可能であった。待機手術7例における術前正診例は2例のみと困難であったが,術中に6例が虫垂腫瘍と診断可能であった。手術術式は回盲部切除術が7例,虫垂切除術が4例,うち1例に後日, …

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 33(4), 621-624, 2008

    J-STAGE 

Page Top