木村 光誠 KIMURA Kosei

ID:9000258107626

大阪医科大学一般・乳腺・内分泌外科 Department of General and Breast and Endocrine Surgery, Osaka Medical College (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • USEFULNESS OF INTRAOPERATIVE STUMP IMPRINT CYTOLOGY IN BREAST-CONSERVING SURGERY  [in Japanese]

    SUMIYOSHI Kazuhiro , NOHARA Takehiro , IWAMOTO Mitsuhiko , TANAKA Satoru , KIMURA Kosei , TAKAHASHI Yuko , TSUJI Motomu , TANIGAWA Nobuhiko

    目的:乳房温存療法において,断端陽性の有無は乳房内再発の発生と関連性が高いのは周知の事実であるが,温存手術における術中の切除断端評価は必ずしも一定ではない.当科にて行われている術中断端捺印細胞診(以下,断端細胞診)の有用性およびピットフォールについて検討した.対象と方法:2005年から2007年に行われた乳房手術症例308例中,温存手術を行い断端細胞診が施行された160例を対象とし,それらの断端細 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 69(8), 1859-1865, 2008

    J-STAGE 

Page Top