簾田 康一郎 Misuta Koichiro

ID:9000258277764

藤沢市民病院外科 Department of Surgery, Fujisawa Municipal Hospital (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Malignant Cecal Lymphoma with Intussusception  [in Japanese]

    Mori Ryutaro , Misuta Koichiro , Harada Fumi , Sasaki Mari , Murakami Takashi , Tokuhisa Motohiko , Hasegawa Seiji , Eguchi Kazuya , Nakano Akira

    症例は75歳の男性で,2008年8月 排便困難感と右下腹部痛を主訴に近医を受診した.腹部X線検査でイレウスと診断され当科を紹介受診した.腹部造影CTでtarget signを認め,注腸検査では上行結腸にカニ爪様陰影欠損を認めたため腸重積によるイレウスと診断した.イレウス管を挿入し,症状改善後に施行した大腸内視鏡検査で,盲腸に2型の腫瘍を認め,生検で悪性リンパ腫と診断し待機的に手術を施行した.術中所 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 44(3), 311-317, 2011

    J-STAGE 

Page Top