飯島 北斗 Iijima Hokuto

ID:9000258302200

東京大学大学院工学系研究科附属原子力工学研究施設 the University of Tokyo Nuclear engineering reserch Laboratory (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Analysis of Long-tem drift of the Mg cathode RF gun/linac/laser

    Uesaka Mitsuru , Iijima Hokuto , Ueda Toru , Muroya Yusa , Sakumi Akira , Kumagai Norikata , Tomizawa Hiromitsu

    パルス・ラジオリシス法は、極短時間における放射線化学反応の研究に有用な手法である。この手法は通常、電子線形加速におけるフォトカソードRF電子銃とフェムト秒レーザーの組合せによって実現される。こうした高時間分解能を実現するためには電子バンチとレーザーの極短パルスが必要なのはもちろんであるが、これら2つのビームの時間同期(電子ビームに対するレーザーの到達タイミング)の精度も重要な要因となる。一般に高時 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2004f(0), 95-95, 2004

    J-STAGE 

Page Top