松浦 治明 MATSUURA Haruaki

ID:9000258302492

東工大原子炉研 RLNR, Tokyo Tech (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Chemical Form of Europium Compounds in Pyrochemical Reprocessing

    MATSUURA Haruaki , WATANABE Sou , AKATSUKA Hiroshi , OKAMOTO Yoshihiro , MINATO Kazuo

    溶融塩化物の2価のモデル物質として使用可能なユウロピウムの化学形態、イオン間距離および配位構造について評価するために、高温XAFS構造解析を行った。雰囲気中の非常に僅かな酸素によってもユウロピウムは酸化され、今後の試験においては、浴中だけでなく雰囲気の酸素濃度にも深く留意して扱う必要のあることが解った。

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2004f(0), 470-470, 2004

    J-STAGE 

Page Top