上村(伊藤) 佐知子 uemura(ito) sachiko

Articles:  1-8 of 8

  • Cardiorespiratory Responses and Metabolism during Basic Positions in Patients with Acute Stroke  [in Japanese]

    NAKAZAWA Aki , Masahiro SATAKE , KIMOTO Yusuke , IWASAWA Satomi , MINAKATA Shin , UEMURA Sachiko , SHIOYA Takanobu

    <p>【目的】急性期脳卒中患者の基本的姿勢における呼吸・循環反応を測定し,各姿勢の代謝を把握すること,脳卒中急性期の代謝の特徴を理解することを目的とした。【方法】急性期脳卒中患者31 名を対象に呼気ガス分析装置を用い,臥位,ヘッドアップ,端座位,車いす座位,立位の5 つの基本的姿勢での呼吸代謝を測定し,さらに回復期脳卒中患者と比較した。【結果】臥位,ヘッドアップ,端座位,車いす座位の各 …

    Physical Therapy Japan 44(6), 415-425, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Evaluation of balance during the gait using trunk acceleration from a tri-axial accelerometry in patients with chronic obstructive pulmonary disease  [in Japanese]

    Terui Yoshino , Iwakura Masahiro , Kawagoshi Atsuyoshi , Ookura Kazuki , Sugawara Keiyu , Takahashi Hitomi , Uemura Sachiko , Satake Masahiro , Shioya Takanobu

    <p>【目的】体幹加速度から求めたLissajous Index(LI)を用いCOPD患者の歩行時体幹運動の左右対称性を評価しLIの有用性を検討した.</p><p>【方法】対象はCOPD患者16名,健常者21名とした.3軸加速度計を腰部に装着し 10 mを2回歩行した.左右・上下加速度からLIを求め,COPD患者の呼吸機能,下肢筋力,片脚立位保持時間を測定した. …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation 27(1), 59-64, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Microbubble CO2 bathing induced stress-coping substances  [in Japanese]

    羽二生 稔大 , 佐藤 真也 , 増田 豊 , 上村 佐知子 , 長谷川 裕晃

    We had previously reported that mice given bathing stress produce humoral lipids for coping the stress, and that mice given repeated immunization stress produce an adaptogenic humoral lipid for preven …

    秋田医学 44(1), 45-49, 2017

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Stress-coping effect induced by microbubble carbonated bathing  [in Japanese]

    酒井 駿 , 長谷川 裕晃 , 上村 佐知子 , 増田 豊

    Forced-swimming gives mouse continuous stress. Mouse given the stress shows differentstress-coping behaviors, climbing for escaping from the stressful situation and motionlessness forkeeping the physi …

    秋田医学 42(3・4), 125-128, 2015

    IR  Ichushi Web 

  • 理学療法士の精神的疲労に関する調査(2):経験年数と対処方法  [in Japanese]

    栗林 由佳 , 上村 佐知子 , 皆方 伸 , 佐藤 雄一

    【はじめに,目的】理学療法士(以下PT)が患者対応の場面で精神的疲労を感じたとき,どのように対処しているかを経験年数ごとに知ることで,精神的疲労の軽減や今後のメンタルヘルスへの取り組みの手掛かりとする。【方法】秋田県理学療法士会に所属し,医療機関に勤務するPTを対象に患者対応におけるストレスについてアンケート調査を行なった。調査内容は年齢,性別,勤務年数などの個人属性について質問した。患者対応にお …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2013(0), 1205, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 簡易脳波,深部体温と遠位・近位皮膚温から見た温泉浴の睡眠への効果 (第27回不眠研究発表会)  [in Japanese]

    伊藤(上村) 佐知子 , 若狭 正彦 , 齊藤 明 [他]

    不眠研究, 112-118, 2012

    Ichushi Web 

  • ゾルピデム1回服用が及ぼす健常高齢者の運動・認知機能の変化[含 質疑] (第25回不眠研究発表会)  [in Japanese]

    伊藤(上村) 佐知子 , 若狭 正彦 , 大澤 諭樹彦 [他]

    不眠研究 2010, 53-57, 2010

    Ichushi Web 

  • 卓越した臨床実習指導者による臨床的推論に関する臨床実習教育 第2報  [in Japanese]

    wakayama saichi , uemura(ito) sachiko , tsushima hitoshi , ishikawa akira , tsushima eiki , dobashi mayumi , momiyama hideki

    【目的】卓越した臨床実習指導者(以下SV)による臨床的推論に関する教育は、指導する学生の持つ能力把握に優れ、SVモデル提示型指導や学生からの発動を待つ学生主体型、その両者の中間型などの指導スタイルを持つことを昨年の第38回大会にて報告した。今回、同じSVが、異なる学生に対し、指導方法や推論の教育をどのように実施しているか、その特徴や教育スタイルを明らかにし、臨床実習における推論の教育モデルを提示す …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2003(0), G0497-G0497, 2004

    J-STAGE 

Page Top