堤 恵理子 Tsutsumi Eriko

ID:9000258342194

広島大学大学院保健学研究科 (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 大腿四頭筋の等尺性収縮が脛骨前方移動量に与える影響  [in Japanese]

    Urabe Yukio , Tanaka kosuke , Yoshida Nami , Nishiwaki Gaston , Tsutsumi Eriko , Yuge Rui

    【目的】 <BR> 大腿四頭筋の収縮によって脛骨が前方に引かれ膝前十字靱帯(ACL)が伸張されることはよく知られている。大腿四頭筋の等張性収縮を継続することによって脛骨前方移動量(tibial anterior translation; ATT)が増加することが報告されている。しかしながら、リハビリテーションのエクササイズで多用する大腿四頭筋の等尺性収縮の反復が、ATTを増加させるかに …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2003(0), C0300-C0300, 2004

    J-STAGE 

Page Top