堤 惠理子 Tsutsumi Eriko

ID:9000258344883

広島大学大学院保健学研究科 (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 神経因性疼痛モデルにおける筋萎縮因子の検討  [in Japanese]

    Tsutsumi Eriko , Mori Emiko , Sota Kouichirou , Mito Kenichirou , Kawaguchi Koutarou , Moriwaki Katsuyuki , Yuge Louis , Urabe Yukio

    【目的】難治性の神経因性疼痛では,アロディニアや骨萎縮等を始めとして,多様な合併症が知られている.この合併症のひとつとして筋萎縮が報告されている.<BR> 神経因性疼痛を惹起するモデルとして,CCIモデル(chronic constriction injury model)が知られており,温熱性痛覚過敏が強く出現しやすいとされている. このCCIモデルマウスを用い,疼痛が効果器に及ぼす …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2003(0), A0115-A0115, 2004

    J-STAGE 

Page Top