重森 健太

ID:9000258362385

聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部 (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 通所リハビリテーション利用者における二重課題を用いた自主トレーニングの効果  [in Japanese]

    佐藤 慎 , 重森 健太 , 大城 昌平

    【目的】<BR> 高齢者の転倒予防を目的としたリハビリテーションでは,個々の身体機能や認知機能の改善を目的としたトレーニングに加え,この両機能に対して効果的に介入できる二重課題トレーニングが必要である。この二重課題トレーニングは,両機能に対し同時に介入できるとともに,注意配分能力を向上させることで,動作の遂行能力を高め,転倒リスクの軽減を図ることが出来ると考えられる。このような有効性 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2009(0), E3O2216-E3O2216, 2010

    J-STAGE 

Page Top