安藤 葉介 ANDOH Yohsuke

ID:9000258383110

北海道大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Hokkaido University (1995年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The Analysis of Scar Tissue Location on Palates in Cleft Palate Patients:Application of Laser Doppler Flowmetry to Determining Scar Tissue Areas  [in Japanese]

    ISHIKAWA Hiroyuki , FUKUDA Hiroshi , INOUE Nobuo , MISAKI Kouichi , OHTSUBO Hiroto , DOMON Haruka , UENO Takuro , ANDOH Yohsuke , TOMOCHIKA Akira , NAKAMURA Shinji , KUDOH Motonori

    口蓋形成手術により発生する骨露出創と,その治癒過程で生じる瘢痕組織は,上顎骨の成長発育に対して抑制因子として作用し,歯列歯槽形態の狭窄をもたらすことが報告されている.またこの瘢痕組織は,矯正治療においても酋列弓の拡大を困難なものとし,さらに治療後のいわゆる後戻りの大きな要因になると考えられている.したがって,口蓋裂患者の口蓋部に存在する術後瘢痕組織の分布を把握することは,矯正治療における治療方針の …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 20(2), 39-51, 1995

    J-STAGE 

Page Top