野村 章子 NOMURA Akiko

ID:9000258383317

新潟大学歯学部歯科補綴学第一講座 1st Department of Prosthetic Dentistry, School of Dentistry, Niigata University (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Team Approach in a Clinical Case of Cleft Lip and Palate Complicated with Partial Anodontia  [in Japanese]

    NOMURA Akiko , ONO Kazuhiro , KANAI Kanehide , KOHNO Shoji , OHASHI Yasushi , HANADA Kooji , TERADA Kazuto , SAKURAI Naoki , TANAKA Mikako

    口唇口蓋裂に部分無歯症を合併した症例では,発生頻度が非常に低いものの,形態的障害が重篤である。著者らが経験した症例は,下顎の前突感と口元の審美障害を主に訴えている右側唇顎口蓋裂,18歳の女性であった。本学附属病院の口蓋裂診療班で協議した治療上の問題点は,上顎の劣成長,多数歯の欠如,反対咬合,下顎前突,オーバークロージャーであり,これらの問題点を解決するためには,顎矯正手術の前に補綴治療を行い,適正 …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 23(1), 1-12, 1998

    J-STAGE 

Page Top