佐藤 都 Sato Miyako

ID:9000258407039

海洋研究開発機構 JAMSTEC (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Changes in Total Organic Carbon and Total Nitrogen flux recorded sediment on the Magellan mouth of Chile during the past 13,000 years.

    Fukuda Miho , Harada Naomi , Sato Miyako , Carina B. Lange , Ahagon Naokazu , Silvio Pantoja , Kawakami Hajime , Aono Tatsuo , Motoyama Isao

    【はじめに】 最終氷期の大気中二酸化炭素濃度が間氷期に比べて約80-100 ppm低かったことが南極氷床コア中の大気分析によって明らかにされている。氷期の二酸化炭素低下とその後の融氷期における増大の原因については諸説提案されており、その要因の1つとして"生物生産量の変化"が挙げられる。現在のチリ沖は南極周極流を起源とし南緯40度付近を境に赤道方面へ流れるペルーチリ海流と極域へ流れるケープホーン海流 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 57(0), 152-152, 2010

    J-STAGE 

Page Top