村端 敬太 Murahata Keita

ID:9000258499526

中央大学 Chuo University (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Study on various kinds of influencing factors for the minimum and maximum densities of gravely soils

    Murahata Keita , Kokushou Takaji , Fushikida Tatsurou

    近年、緩く堆積した礫質地盤での液状化現象が報告されている。そこで礫質土の液状化現象を始めとする様々な研究を行う上で、力学特性を定量化するための砂礫の最小・最大密度の決定法が必要不可欠である。しかし、粒径2mm以上の砂礫の最小・最大密度試験法は基準化されておらず、基準化にむけて研究が望まれている。そこで、本研究では円礫材料、砕石材料について、既に提案されている中央大学式の最小・最大密度試験法で試験を …

    Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering JGS38(0), 567-568, 2003

    J-STAGE 

Page Top