小川 公子 Ogawa Kimiko

ID:9000258541219

大阪歯科大学小児歯科学講座 Department of Pedodontics, Osaka Dental University (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The Study in Impacted and Displaced Permanent Teeth for Children:Report # 1 Management of Displaced Teeth after Marsupialization of Dentigerous Cysts: Report of 3 Cases  [in Japanese]

    Katao Hidenobu “Hit” , Ogawa Kimiko , Okumura Kiyoko , Saito Takekimi , Moritani Yasuyuki , Hieda Toyoji , Kurozumi Toshiaki , Shirasu Rikiya

    含歯性嚢胞の治療は,主に原因歯の抜去とともに嚢胞全摘出および嚢胞開窓術が行われている。私たちは,今日まで嚢胞開窓術による関連埋伏歯の萌出誘導を数多く経験しているが,今回は,とくに嚢胞が大きく,嚢胞の圧迫によって関連埋伏歯の位置異常の著しい3症例について開窓術と保隙装置による萌出誘導を行い,良好な結果を得たので報告する。<BR>1)年少者の広汎性の含歯性嚢胞において開窓術が有効であった。 …

    The Japanese Journal of Pediatric Dentistry 25(3), 635-643, 1987

    J-STAGE 

Page Top