馬場 篤子 Baba Atsuko

ID:9000258548375

福岡歯科大学小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Fukuoka Dental College (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Reoccurrence of a Supernumerary Tooth in Same Region after Extraction of an Impacted Supernumerary Tooth  [in Japanese]

    Toyomura Sumihiro , Kuboyama Hiroko , Miyazaki Shuichi , Akimoto Mitsuko , Baba Atsuko , Motokawa Wataru

    過剰歯の好発部位は上顎前歯部で,発生頻度は0.5-2.5%程度とされているが,小児歯科臨床において過剰歯を有する症例に遭遇することは稀ではない。今回著者らは9歳4か月の男児において,上顎前歯部の埋伏過剰歯の摘出後同一部位に再び埋伏過剰歯が出現した症例を経験した。<BR>1)上顎右側中切歯の萌出遅延が認められた。<BR>2)上顎前歯部に順生の埋伏過剰歯が認められた。<B …

    The Japanese Journal of Pediatric Dentistry 38(1), 249-254, 2000

    J-STAGE 

Page Top