根本 絵津子 Nemoto Etsuko

ID:9000258559725

会津大学 Univ. of Aizu (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Development of visualization tool for 3D-GIS data

    Fujii Yoshiaki , Hirata Naru , Demura Hirohide , Asada Noriaki

    この開発では操作性を考慮してGUIを採用し、幅広いプラットフォーム環境で使用することができるよう、GTK(The GIMP Toolkit)を採用した。イトカワのポリゴンデータの各ポリゴンに、物理量を対応付けたファイルを入力データとして、その物理量に任意の色割り当てを行うことができ、視点も自由に動かせる立体地図として可視化した。また、現在得られている最大解像度のポリゴンデータ(300MB)の読み込 …

    Abstracts for fall meeting of the Japanese Society for Planetary Science 2006f(0), 81-81, 2006

    J-STAGE 

  • Detection of sub-pixel scale roughness for asteroidal images

    Furuya Motohiro , Asada Noriaki , Demura Hirohide , Oohashi Tooru , Fujii Yoshiaki

    探査機"はやぶさ"が小惑星"イトカワ"へ安全にタッチダウンできる地点を選ぶには、組成や起伏など多くの情報の総合判断が必要である。その一要素として、小惑星の画像から分解能以下の起伏を読み取る手法を提案する。本手法の原理は同一地点の異なる分解能の画像からエイリアシング成分を抽出するもので、周期性の強い起伏成分しか求められないが、いくつかテストした結果を報告する。

    Abstracts for fall meeting of the Japanese Society for Planetary Science 2005f(0), 43-43, 2005

    J-STAGE 

  • Demonstration of HARMONICS, HAyabusa Remote MONItoring and Commanding System

    Nemoto Etsuko , Hashimoto Tatsuaki , Saito Jun , Asada Noriaki , Demura Hirohide , Kobayashi Shingo , Nakamura Ryosuke , Hirata Naru , Fujii Yoshiaki , Hamada Yoshio , Kubota Takashi

    小惑星探査機はやぶさは、小惑星周囲の機動と姿勢について日照条件等による強い制約を受ける。運用計画を立てる際、数字の情報だけで探査機の動きや視野をイメージすることは難しい。会津大で開発中の運用計画立案ツールHARMONICS (HAyabusa Remote MONItoring and Commanding System) には、探査機の運動やカメラ視野の可視化機能があり、直感的で錯覚防止に有効で …

    Abstracts for fall meeting of the Japanese Society for Planetary Science 2005f(0), 42-42, 2005

    J-STAGE 

  • AMICA Image-based Shape Modeling for the Hayabusa Mission.

    Kobayashi Shingo , Hamada Yoshio , Harada Naoto , Fujii Yoshiaki , Fujita Takeshi , Hashimoto Tatsuaki , Kubota Takashi , Saitou Jun , Tsutimoto Tomokazu , Demura Hirohide , Asada Noriaki , Nemoto Etsuko , Matsumoto Naoya , Yukishita Akira , Fujita Hiroki , Nitta Jun

    イトカワに向かっているはやぶさに搭載された光学航法カメラ(AMICA: Asteroid Multi-band Imaging CAmera)による複数枚の画像を用いて、小惑星形状認識する手法、手順を確立した。その概要を紹介する。

    Abstracts for fall meeting of the Japanese Society for Planetary Science 2005f(0), 41-41, 2005

    J-STAGE 

Page Top