島岡 隆行 SHIMAOKA Takayuki

ID:9000258578467

九州大学大学院工学研究院 Faculty of Engineering, Kyushu University (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 有機性脱塩促進剤による都市ごみ焼却灰中の難溶性塩素化合物の消長  [in Japanese]

    NARUOKA Tomohiro , TAKEMOTO Tomonori , ETOH Jiro , SHIMAOKA Takayuki

    都市ごみ焼却灰と生ごみコンポストを混合して埋立てることで、難陽性塩素化合物であるフリーデル氏塩を効率的に分解し、脱塩できることが明らかとなった。一方で、試料中からは、より分解を受け難いと考えられるAlOClの存在が確認された。今後、都市ごみ焼却灰の脱塩を考える上で、AlOClの分解特性を明らかにする必要がある。

    Proceedings of the Annual Conference of The Japan Society of Waste Management Experts 18(0), 232-232, 2007

    J-STAGE 

Page Top