古川 俊隆 Furukawa Toshitaka

ID:9000258621903

丸山記念総合病院/外科 Maruyama memorial general hospital, Depertment of surgery (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of post endoscopic sphinctherotomy bleeding treated by Argon Plasma Coagulation for that endoscopic transpapillary stenting was effective  [in Japanese]

    Saito Naoto , Ishii Hiroshi , Ohori Masaki , Ohta Masahiko , Tokura Yasuyuki , Maruyama Masanobu , Furukawa Toshitaka

    症例は34歳男性。右季肋部痛,黄疸にて当院入院し,下部総胆管結石症に対しEST施行。第三病日に下血を認め,ERCPにてVater乳頭EST部位の3時方向に出血を認めた為,膵管ステントを留置した後にAPC凝固止血を施行した。その後止血され,腹腔鏡下胆摘術を行い経過良好であった。EST後出血に対して,膵管ステントを留置後に止血処置を行うことは,膵管口が十分確保され,安全に止血処置が行うことが可能である …

    Progress of Digestive Endoscopy 67(2), 138-139, 2005

    J-STAGE 

Page Top