川﨑 彩子 Kawasaki Ayako

ID:9000258622832

国立病院機構東京医療センター/消化器科 Department of Gastroenterology, National Hospital Organization Tokyo Medical Center (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of ulcerative colitis which progressed from asymptomatic segmental colitis to typical pancolitis  [in Japanese]

    Nagumo Hironobu , Fuziyama Yoichi , Takahashi Masahiko , Kaneko Hiroshi , Suzuki Masayuki , Yato Masanori , Oda Yoshihide , Tanaka Shin , Ogasawara Chika , Takabayashi Kaoru , Nakazato Yoshihiro , Kato Syoko , Kawasaki Ayako , Sekine Rieko , Ochiai Yasutoshi , Komiya Kenichi

    症例は48歳女性。便潜血陽性を契機に2005年9月下部消化管内視鏡検査施行。横行結腸から脾彎曲付近に区域性の大腸炎がみられた。2カ月半後に血性下痢が出現。内視鏡的に病変範囲は上行結腸から直腸に拡大しており,臨床経過と内視鏡所見から,区域性から全大腸炎型に進展した潰瘍性大腸炎と診断した。全大腸炎型潰瘍性大腸炎の病変の進展様式を考える上で興味深い症例であり,今後の症例の蓄積が望まれる。

    Progress of Digestive Endoscopy 70(2), 114-115, 2007

    J-STAGE

Page Top